オンライン分光測色装置
CMTS-7000T

連続的に監視する透過型の分光測色システム!

本機(CMTS-7000T型)はフィルム、ガラス、シート等の製造ライン行程中において連続的に測色する透過型の分光測色システムとして絶大な実績と信頼を誇るCMTS-5000Tの後継機(オンライン分光透過率計)です。計測データはコンピュータにより演算処理され、製造状況が判定しやすい形でモニターする事ができます。透過色測定の校正方法は、電動アクチュエーターを用いた自動校正方式となっており、校正位置を除くと最大6点までの多点測定が可能です。また、基準値の設定範囲を超えると外部警報出力が働きます。 計測データは色差値、Lab値、透過率、偏色判定値、分光曲線などが表示され、計測データは10秒、30秒、60秒ごとの平均値を選んで記録できますので、従来よりも高度な監視体制が構築されました(従来品は60秒のみ)。 システム構成は光源装置と受光装置(クーラー付き)と測色ヘッド(スキャナー仕様)の3機構に分割され、各々独立し密閉力を高めた構造の採用により製造現場の粉塵、温度等に起因する誤作動をは最小限におさています。測色方法は、ライトガイド方式(光ファイバー)を採用し、あらゆる製造現場に対応します。

ソフトウェア

お問い合わせ先

お電話/FAXによるお問い合わせ
  • 電話 03-3532-3011
  • FAX 03-3532-2056