• PCコントロール

積分球式分光透過率測定器 DOT-41

100倍感度機構により超低透過率に対応。偏光度測定にも最適!

本器は光を拡散してしまう試料、例えば細かい凹凸のある透明物体や半透明物体、レンズ等でも安定した測定値が得られる、積分球による拡散照明方式の透過率測定用分光光度計として実績のあるDOT-3Cシリーズの新型で、装置の偏光特性を解消し、測定波長範囲を380nmから780nmと広げました。

オプションの100倍感度機構を使用することにより、偏光板をクロスさせた場合の低透過率・偏光度も安定して測定することができます。試料台の光軸からの奥行きが15cmあるので、30cm幅の試料の中心まで測定できます。ダブルビーム方式なので長期安定性にすぐれており、試料台は上向きなので、試料を載せるだけでセッティングできます。

特徴

用途

ソフトウェア ColorSpaceV2

ColorSpaceV2

ColorSpaceV2メイン画面

左上:ab色度図 左下:各種パラメータ
右上:xy色度図 右下:分光分布
*本ソフトウェアでは上記以外の色彩関連グラフの表示も可能です。
*測定波長はDOT-41, DOT-41/UV-Visがそれぞれ390~730nm, 280~780nmです。

*上の画像をクリックすると拡大表示されます。

お問合せ先

お電話/FAXによるお問い合わせ
  • 電話 03-3532-3011
  • FAX 03-3532-2056