• PCコントロール

分光ヘーズメーター HSP-150vis

試料扉が暗幕仕様はケーブル付きサンプルの測定にも適合!

HSP-150Vis型(可視領域タイプ)・HSP-150VIR型(可視・近赤外タイプ)は、透過物体(プラスチック、ガラスなど)の全光線透過率、拡散光線透過率、ヘーズ(曇り価)の測定に絶大な信頼と実績を誇るHM-150型をベースとしたヘーズメーターであり、分光方式を採用したことにより、波長毎の透過率・ヘーズ値が得られ、色彩値や黄色度なども測定できる装置です。光学系は縦型なので、試料を試料台に置くだけで測定でき、大判試料の測定も可能です。※暗幕型の場合、最大450×450mmサイズの中央が測定可能

特長

※1 JIS K 7105及びJIS K 7361、JIS K 7136の図解ファイル

測定項目

ソフトウェア SpectorX

SpectorX

SpectorXメイン画面

左上:ヘーズ値による分光分布 中央上:ab色度図
左下:データリスト 中央下:xy色度図
右上:V(λ)におけるヘーズ値及び色彩値 右下:Tt, Td, Hにおける分光分布
*本ソフトウェアでは上記以外の色彩関連グラフの表示も可能です。

*上の画像をクリックすると拡大表示されます。

用途

検査用フィルター(オプション)

  • NDフィルター

    全光線透過率標準板【詳細はこちら→
    (ND-10 ND-40 ND-70 3種)
    * 画像はイメージです。

  • ヘーズメーター

    ヘーズ標準板【詳細はこちら→
    (H5 H10 H20 H30 4種)
    * 画像はイメージです。

お問合せ先

お電話/FAXによるお問い合わせ
  • 電話 03-3532-3011
  • FAX 03-3532-2056