• PCコントロール

ヘーズメーター HM-150N

光源の偏光特性を解消し、器差を極小に抑えたヘーズメーター!

本器(HM-150N型)は高レベルのダブルビーム方式の採用により再現性の良い高精度の測定が簡単に行えるヘーズメーターです。総合分光特性は、明所視標準視感効率V(λ)と、CIE標準イルミナントD65の組み合せだけでなく、標準イルミナントAとの組み合せ特性にも切り替えられます。
新規格ISO 13468、ISO 14782、JIS K 7361、JIS K 7136を満足し、従来のJIS K 7105による測定も可能です。(※1)また、演算及び制御には、パーソナルコンピュータを使用し各種計算、平均計算ならびにプリンター出力が可能な全自動型で常に安定した測定結果が得られます。また、小型プリンター(オプション)を使用することにより現場で容易にデータをプリントアウトすることができます。測定項目としては全光線透過率、拡散光線透過率、平行光線透過率、ヘーズが得られます。積分球はφ150mmを使用し、測定面積はφ14mm、入口開口はφ20mmですのでサンプルサイズはシート状で最小φ21mm、最大150×180mmのサンプルが対応可能です。

※1 JIS K 7105及びJIS K 7361、JIS K 7136の図解ファイル

ヘーズメーター【HM-150N型】構造概念図

HM150_2

① 光源ランプ
② 分岐ファイバー
③ REF.シャッター
④ MEAシャッター
⑤ Illuminant D65、Illuminant A切替
⑥ レンズ
⑦ 入口開口
⑧ 出口開口
⑨ 白板
⑩ 受光素子
⑪ REF ファイバー
⑫ 積分球
⑬ ライトトラップボックス
⑭ サンプル