色をデータ化する理由

色をデータ化する理由

工場で物を作る時、製品の色を調整したり検査する工程において、複数の人が見た目で言葉や色票でやり取りしているだけでは、同じ色を再現し合格ラインを明確にすることは困難ですし、時や場所が変わると違った結果にもなりかねません。見本にしている物も古くなって変色したり、無くしてしまうことも考えられます。いつでも安定した品質を維持するためには、色を客観的なデータに置換えることが必要になってきます。
誰もが同じように色を再現できるように、色を測定して数値で表し、伝達・保存する必要があるのです。